starberry
 BUMP OF CHICKENについてのつれづれ
Copyright © 2017 starberry, All rights reserved.
Category..|最新の記事NEWSSONGLIVEPVWEBTVRADIOMAGAZINE思うことotherPROFILEmoblog未分類
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

2007.9.1(SAT) SWEET LOVE SHOWER 2007 at 山中湖交流プラザ きらら
2007/09/03(月)




SWEET LOVE SHOWER 2007に参加してまいりました。
参加したのは9月1日。1日目です。
1996年より毎年、東京・日比谷野外大音楽堂で開催されてきたSLSですが、
今年は日比谷野音を飛び出して、山中湖で、野外で2日間開催、と
大きく姿を変えてあらわれました。どどーんと。
そして続々と発表される出演アーティストも、どうしましょうというくらい素敵なラインナップで、
2日間とも行ってしまいたい!という衝動にかられることしばし。
でも冷静に考えて、2日間とも参加はどうにも難しそうだったため(仕事とか仕事とか仕事…)、
1日のみの参加にいたしました。
チケットもお友達と協力しながら無事にゲット、ツアーバスの予約も完了。
さああとは、当日までにいろいろ準備をしながら、
その日が来るのをわくわくして待とう、という心づもりでしたが、
結局また直前までばたばたして、気づいたらもうすぐではないか、という状況でした。
よって今回も実感0%でした。相変わらずもったいない。
9月1日の山中湖は、あいにくのお天気でした。
空にはどよーと雲が広がり、霧雨が降り続く。気温も低い。そしてすごい霧。濃霧。
開場したときなど、霧で前がほとんど見えない状態でした。
レインウェアを着込みつつ、なんとなくどよどよとした気持ちに。
でも、何かのはずみで、野外ってこういうもんだ、と吹っ切れて、
その途端、一気におもしろくなってきました。
今では、その天候すら楽しかったと思えます。
霧雨は降り続きましたが、フェスがすすんでいくにつれ、霧もなくなり、
ステージもはっきりくっきりしてきて、思いっきりライブを楽しめました。
SLS全体の感想文は、こちらでまた少しずつ書いていこうと思いますが、
まずはここで、バンプのライブの感想文を書こうと思います。
今回も、パス制のレポページではなく、ここに書きます。

※長いです。そしてMCの箇所とか語尾とか曖昧…ごめんなさいです(><)





バンプのライブは19:05から。
SLS1日目の、トリです。
日はいつのまにかとっぷりと暮れていて、あたりいちめん、まっくらに。
空は雲でいっぱいで、星が見えないのが残念でした。
サウンドチェック中に、時折つくステージライトが眩しい。

夜の風は秋の匂い。

ライブ開始時刻が近づくにつれて、どんどん人が増えはじめ、気がついたらびっしりに。
私は、友達みんなと、PAの少し前で待機していました。ステージから見たら、後ろの方の位置。
バンプがライブを行ったMt.FUJIはすり鉢状のため、後方でも充分ステージを楽しむことができます。
こじんまりとしていたし、後方でも肉眼でだいじょうぶ。
足元は芝。丘の上からライブを見ているような気持ちになりました。

開始時刻を約10分ほどおして、「Next artist~」のアナウンスが流れました。
ステージ横に設置された大型スクリーンには「BUMP OF CHICKEN」の文字。
割れんばかりの拍手と歓声。

「A Quick One While He's Away」が山中湖に響く。

バンプの4人がそろりとステージにあらわれて、
それぞれの位置につく。

藤くんは、麦わらぼうしに、黒のTシャツ。いや、カットソー?
なんかそんなようなやつでした(てきとうな)
ちゃまは、きいろのバンプ夏フェスTを着用。
バンプ夏フェスオレンジタオルをかかげる。髪型は、マゲ!
升くんは白いTシャツ。
増川くんはグレー(カーキ?)のTシャツ。プリントされていた絵(文字?)はなんだろう…
増川くんの着ているTシャツは、気になるものが多くて、この日もたいへん気になりました。

藤くんがギターをぐいーんと上に掲げて、
升くんがスティックを持った腕を真っ直ぐにあげたとき、
あー、ライブが始まるんだなあといつも思う。
バンプのライブが。

約1ヶ月ぶりのバンプのライブ。

1曲目は「乗車権」
ライブで聴く「乗車権」は、イントロがかなりアレンジされていて、
よりかっこよくなっていて好きです。
ギターの音ががなる感じ。心をぶっとばされているような気持ちになります。
藤くんも、吠えるように歌う。
ちゃまのコーラスも、吠えてる。
藤くんは少し鼻声だったような気がしました。
風邪ですか?と思いました。
このときは。

「涙のふるさと」のイントロが始まった瞬間、
場内のすべての人がうれしい気持ちになっていたような、そんな気持ちになりました。
うれしくて思わずため息がでちゃうような、そんな空気でした。
聴くたびに、この曲のやさしさがわかるようになってきた気がします。
でもやさしいだけではないのだよね。
サビの箇所を、升くんが大きな口を開けて、いっしょうけんめい歌っていました。

「真っ赤な空を見ただろうか」もライブならではのアレンジ。
藤くんがゆっくりギターを弾きながら、ゆっくりゆっくり歌う。
この日は歌詞をじっくりと、ひもとくように聴きました。
そして、いままで何度も聴いていたのに、いちども思わなかった気持ちや、
いちども気づけなかった気持ちになったりして、目がさめる思いがしました。
はっ!となった。ほんとうに。

歌い終わって、藤くんが「ありがとう」とひとこと。

そしてここで、最初のMCが入ったように思います。

藤くん「最後まで残ってくれてありがとう。
    雨の中残ってくれてありがとう。
    こんばんは。BUMP OF CHICKENです。  
    なんか、1曲目から感極まっちゃって…」


お客さんから「会いたかったよー」の声が飛ぶ。

藤くん「僕も会いたかったです」

真っすぐ前を見て、はっきりきっぱり言い切っていました。

藤くん「…これ以上しゃべると余計なことしゃべっちゃいそうなんで、歌います!」

「ギルド」
この日は、升くんが鳴らす金属音が、特に心に突き刺さりました。
ゆるやかになだらかに、突き刺さる音。と、言葉。
この曲を聴くと、いろんな思いが全部引っくり返されるような気持ちにもなります。
この日はそうなりました。
そしてやはりどこかであのお人形さんたちのことを想う。

曲のあと、お客さんから声があがる。
「新曲、おめでとう!」って言っていらしたのかな?
藤くんが、にまりと笑って話し始めました。

藤くん「どうもありがとう(笑)
    …あの、お客さんが先に言ってくれたんだけど、
    わたくしごとなんですけど、新しいシングルが出ます」


場内からは大拍手、大歓声。

藤くん「僕たちは今年の夏くらいまでライブを休止…
    休止っていうか、ライブをしていなくて。
    今年の夏フェスからライブを久々に再開したんです。
    夏フェスで…僕らの曲を聴きにきてくれた人もいるだろうし、
    僕らのことを知らない人もいただろうし、
    …残念ながら嫌われてるかもしれないから、嫌いって人もいたと思うけど、
    そういうお客さんみんなを見てすごく感動して。
    その気持ちのあとにできた曲なので聴いてください」


この「聴いてください」の言葉に、え!もしや今日聴けるの?と気持ちがたかぶる。
そして一緒にいた友達みんなもそう思ったらしく、
みんなで同じタイミングで顔を見合わせて、手を取り合ってしまいました。

結果、新曲はこの日は聴くことはできませんでした。
CDを「聴いてください」ということだったのですね…早合点。
でも友達と、同じように気持ちがたかぶって、手を取り合えて、妙にうれしくなりました。

藤くん「今日はほんと、最初っからすごい感極まっちゃって…
    今も水飲もうと思ってフタ開けたのにまた閉めちゃったし(笑)
    なんだこのテンション(笑)
    …つーか、もうしゃべるなっつーのな(苦笑)」


藤くんはとめどなく話し続ける。そしてほんとうによくわからないテンションに。
お客さんから「がんばってー」と声があがる。

藤くん「ほんとに、がんばってって言われても仕方ないよな(苦笑)」

よろよろ、にまにまする藤くん。なんだろうこの日は。饒舌でした。

「天体観測」のイントロが始まると、ものすごい歓声。
山中湖が揺れる。
星はまるっきり見えません。
でも、ステージのライトがカッと明るくなると、その明かりが霧雨に反射して、
きらきら光って、星みたいでした。

藤くん「後ろの方聞こえてますか?後ろの方まで届いてますか?
    オレ目が悪いんでオーバーアクションで返してくれないとわかんないんですって!
    届いてるー?見えてるー??
    …前の方は大丈夫っしょ(笑)」


藤くんは、「届いてるー?」と言いながら、両手をぶんぶん振っていました。

藤くん「具合悪い人いませんか?
    近くに具合が悪い人がいたら助けてあげて下さい」


いつもの言葉も聞けました。

藤くん「今日はあんま時間なくて短い時間しかできないんだけど…
    “えー”って、そんなんオレだって“えー”だよ。
     最後の曲聴いてくれ!“ガラスのブルース”!」


もう最後なんだ、って思った。
楽しくすてきな時間はあっというまに過ぎてゆくと思うけれど、
でももう最後なんだ、と思ってしまいました。

「ガラスのブルース」が始まって、山中湖がふたたび揺れる。
そして始まったけど、藤くんの声が聴こえない。

藤くんは歌わない。
お客さんみんなの方に真っすぐマイクを向けていました。
しばらくの間、ずっと。

歌わない、のではなく、歌えなかったのかもしれない。
感極まって歌えないでいるようにみえました。
目が、少し赤かったようにみえました。

その分、マイクを向けられたお客さんみんなで歌う。
山中湖で「ガラスのブルース」の大合唱。

途中で藤くんの声がのっかってきました。

増川くんのコーラスものっかってきました。

途中でまたみんなで歌えとばかり、耳に手をあてる藤くん。

みんなで歌いました。

この日の「ガラスのブルース」は、きっと、ずっと忘れられないだろうなと思いました。

「最後の曲」が終わってしまって、ライブも終わってしまいます。
ライブが終わる瞬間、私は条件反射で増川くんを見てしまうのですが、
この日、ライブは終わっていちばんに聞こえてきたのは

ちゃま「ほんとにどうもありがとう!」

の声。

そのときの増川くんの表情を忘れられません。
というか、たまにあるよね。先に言われることね。
そういうとき、だいたい増川くん、なにも言わずにステージから去るよね。
この日もそうだったよね……ふははは。

升くんはドラムセットの中にすくっと立って、しっかりお辞儀。

藤くんはスピーカーにけつまづいていました。ふらふらとしていました。
そして、泣いているように見えました。

ライブが終わった瞬間、アンコールの手拍子が鳴り響きました。

ほどなくして、バンプが再びステージにあらわれました。
藤くんが、ステージのはしっこまで行って、手をぶんぶんと振っていました。
たくさんの「ありがとう」も言っていました。

そして4人が自分の位置につく。
升くんがドラムセットの中にすくっと立ったとき、
升くんの前を虫が横切り、びくっとなる升くんが、スクリーンにどどーんと映し出されました。
何もこんなときに…笑ってしまいましたが。ふははは(まだ笑う)

藤くん「あの、霧雨っていうんですか?
    天気があんまりよくない中、これだけのお客さんが残ってくれて…
    オレら、今日途中から来たんですけど、
    それでもこんなにお客さんが残ってくれてるってことは、
    前に出演した人達が相当いいライブをしたんだなってことを容易に想像できます。
    すごくいいフェスだったんだと思います」


静かに拍手が起こる。いいフェスでした。雨も霧も、全部すてきに思えました。

それから藤くんがまた、ゆっくり話し始めました。

藤くん「…あの、ちょっとしんみりすること話していいですか?
    あの、話すオレはしんみりしてないよ(苦笑)
    話す内容が、しんみりしてしまうというか…
    あの、知人が亡くなりまして。結構最近の話です。
    俺らの大事な人が、突然死んじゃって」


そして、その方との出会いやエピソードなどをお話してくださいました。

詳しい内容を書くことはやめます。

ただ、このときの藤くんは、
いろいろな思いや感情があふれてあふれて、言葉が止まらなくて、
それでもあふれ出る感情に、言葉が追いついていないように思えました。

どこに向かって
何を思って話していたかは
藤くんにしかわからないと思う
けれど。

思いがあふれて止まらなくなるという気持ち。
思いをどこかで制止させていた分だけ、いちどあふれたら止まらなくなる気持ち。
大事な人の死の、あまりの重さ。

それはわかる。
自分なりにだけれど。

藤くん「…オレ、RISING SUNのとき、
    もっとちゃんとしゃべっときゃよかったなあ……」


話がすすむにつれて、潤んでいった声が
とうとう止まってしまいました。

そのとき藤くんは升くんを振り返り、
升くんは、それですべてわかったようでした。
ドラムセットの中に立っていた升くんは、
すわって、スティックを持ちました。

藤くん「最後に歌いたい曲があります。いっしょに歌ってください」

その曲は「supernova」でした。

歌いながら、藤くんの声が潤む。つまる。

ちゃまがずっと腕を掲げていました。

そしてまた、耳に手を当てて、みんな歌って、というサイン。
みんなで手を振りながら歌う。
ステージから、どんな風に見えていたかな。

そしてほんとにライブが終わってしまいました。

一瞬、ぽかーんとしてしまったのですが、

増川くん「どうもありがとう!」

の声で、緊張がとけたような。
やっぱり言ったね、最初に。
本編のリベンジか(勝手な想像)

そしてものすごい早さでリストバンドをはずして、
すぱっと投げる増川くん。

その様子に、妙にほっこりしてしまいました。

藤くんはペットボトルをすぱっと投げました。

「ありがとう」って、少し潤んだ声で言って、
またふらふらとステージをあとにしていました。

ライブの後、花火は上がりませんでした。
2日目の最後にあがったようですね。

時間にしたら、確かに短かったのです。
だけど、長い短いとか、そんなこと、なんでもよかった。関係なかった。

ほんとうに、ほんとうにすてきなライブでした。

きっとずっとこの日のライブのことは忘れないと思います。
バンプのライブに行くたびに、いつもそういう気持ちになるけれど、
この日は特につよくそう思いました。

次にバンプに会えるのはいつだろう。いつかな。
その日が来るのが楽しみです。
それまでまた、がんばります。


【セットリスト】

01.乗車権
02.涙のふるさと
03.真っ赤な空を見ただろうか
04.ギルド
05.天体観測
06.ガラスのブルース

En.
01.supernova
スポンサーサイト
23:58 | LIVE| トラックバック:0 | コメント:10


コメント
ありがとうございました
かがるさん、おはようございます。

SLSのお話、ありがとうございました。
色々な事があったんですね。
胸がいっぱいになりました。
「RSRでもっといっぱいしゃべればよかった…」というのは、どういうことかな?
RSRの直前に大事な方が亡くなったのでしょうか。
その想いをこらえて、あの日は歌っていたのでしょうか。

土曜日はずっと山中湖通信を拝見しながら、そこにいるような気持ちになっていました。
でも、BUMP OF CHICKENが出る時間になると、なぜか胸が締め付けられるように苦しくなってしまいました…。
RSRのレポもなかなか書けずにいますが、書こうとすると何だかきゅ~っと苦しくなってしまって…何なんだろう、本当に。
でも、頑張って書きますね。
    2007/09/04(火) 06:01:26 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
栗太郎さんへ
栗太郎さん、こんにちは。

SLS感想文、読んでくださってどうもありがとうございます。

この日のライブは、ほんとに色々なことがあって、
でもその色々はすべてがすてきな出来事でした。
私も見ていて、胸がいっぱいになりました。

>「RSRでもっといっぱいしゃべればよかった…」というのは、どういうことかな?

これは、RSRのときに、そのお亡くなりになった方がRSRにいらしていたようで、
そのときに、その方ともっとちゃんと、いっぱいしゃべっておけばよかった…
というような意味に受け取れました。

山中湖通信も見てくださっていてうれしいです!
もう、最初の方すごいテンション低いという(汗)
でも楽しいフェスでした。また参加したいなって思いました。

私も、自分が参加しないBUMPが出演のフェスやライブのときは、
時計を見ながら「もうすぐバンプが…」と思ってドキドキしたりします。

RSRのレポ、楽しみに拝見しておりますよー!
バンプのレポも、ほんとにゆっくりと楽しんで書かれるのがいちばんです。
UPされましたら、そっこーで読ませていただきます!
    2007/09/04(火) 13:03:29 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
かがるさんへ
こんにちは。
お天気が悪い中のフェス、お疲れ様でした。
今年の夏はきっとかがるさんにとって思い出深い夏になったのでしょうね。よかった。
そして、レポありがとうございます。

私はこの夏LIVEにはいくつか行ったけど、いつもの音楽からは少し距離をおいていたような気がします。好きなアーティストのCDはほとんど聞かなかった。

でもね、この間久しぶりに「ユグドラシル」を聴いたらすごくじわーっとしました。
声が体中に溶け込んできて、やっぱり藤くんの声にはかなわないなあって思ったところ。

ひところの情熱はないけど(私のくせはきっとご存じではないですか?一つのことに熱中してしまう…)やっぱり欠かせない音楽だなあって思ったわ。

私も早くバンプのLIVEに行きたいなあ。
かがるさんのレポ読んで強く強く思いました。

それから、藤くんのような感情の出方する人好きです。すごく人間らしい。

わ~なんだか支離滅裂になってしまった。ごめんなさい。
とにかくありがとう!!レポ感激したわ。
    2007/09/04(火) 14:24:18 | URL | FU-YU #NqgXfLUo[ 編集]
再びありがとうございます
かがるさん、こんばんは。

> これは、RSRのときに、そのお亡くなりになった方がRSRにいらしていたようで、
そのときに、その方ともっとちゃんと、いっぱいしゃべっておけばよかった…
というような意味に受け取れました。

なるほど…もしかしてそうかも?とも考えていました。
本当に最近のことだったんですね。
溢れる想いがいっぱいつまったsupernovaだったのですね…。

山中湖通信を拝見していて、北海道の良いお天気と交換してあげたい!と思ったりしていましたが、あのお天気も楽しんじゃうかがるさん、本当に素敵です(*^^)

> 私も、自分が参加しないBUMPが出演のフェスやライブのときは、
時計を見ながら「もうすぐバンプが…」と思ってドキドキしたりします。

いつもはドキドキするだけなのに、SLSの時は胸が苦しいというか痛くてたまりませんでした。
RSRの事を思い出して、余計に気持ちが昂ぶってしまったのかもしれませんね。
ワンマンツアーが始まったら、どうなっちゃうんだろう、私(笑)

色々とお話して下さって、本当にありがとうございました♪
    2007/09/05(水) 00:09:39 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
FU-YUさんへ
FU-YUさん、こんにちは。

感想文読んでくださってありがとうございます。
この日から1週間たってしまいましたが、
天候の悪さも含めて、とても思い出深い、楽しい1日になりました。
この夏はほんとに、忘れられない夏です。
FU-YUさんもこの夏はいくつかライブに行かれて、楽しい時間を過ごされたのですね♪

『ユグドラシル』リリースから、3年がたちましたね。
でもいつ聴いても色褪せないアルバムですよね。
バンプの作品はどれもそうですね…
『ユグドラシル』、私はリリースされた日から今日まで、1日1回は聴いているんです。
毎日ごはんを食べるように。日課になってます。
聴かないとムズムズします(笑)
こういうアルバムは『ユグドラシル』だけです。

この日の藤くんは、いろんな感情をさらけだしているようにみえました。
ライブのときはいつもそうなのかもしれませんが、
でもこの日は特にそう思いました。

またライブでバンプに会える日が来るのが楽しみですね^^
    2007/09/08(土) 11:57:18 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
ふたたび、栗太郎さんへ
栗太郎さん、こんにちは。

藤くんが話した「RSRで~」は、お返事させていただいたように受け取れました。
だとしたらほんとうに最近の、突然の出来事だったんだな…
と、ものすごく考えてしまいました…。
ほんとうに、あの日の「supernova」は、たくさんの思いが溢れ出ているように思えました。

山中湖は、ほんとに寒くてどよどよしてたんですけど、
フェスでそういう状況や、あと前が見えないくらいの濃霧を初めて経験したので、
だんだんおもしろくなってきてしまって(笑)
せっかくなので楽しもう!という気持ちになって、最後まで楽しく過ごせました。

>いつもはドキドキするだけなのに、SLSの時は胸が苦しいというか痛くてたまりませんでした。

そして気持ちがたかぶってしまうのもとてもよくわかりますー!
ワンマンのときは…そのたかぶりは100倍くらいになってしまいそうですよね。

次にバンプにライブで会える日が楽しみですね。
そのときは思いっきりたかぶりましょう!フフフ。
    2007/09/08(土) 12:08:03 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
初めまして!
BUMPの素敵なファンBLOGを探し続けてこちらを発見致しました!!嬉しい~♪

かがるさんは何度も生BUMPを体感されてらっしゃるのですね。羨ましいー。
ワタシは恥ずかしながら今春になって偶然彼らのアルバムを耳にし すっかり虜。。そして彼らの音楽が愛しいものになりました。
ワタシもいつか生でBUMPの演奏を聴きたいな♪
これからもお邪魔させていただきますので よろしくお願いします(^▽^)
    2007/09/13(木) 19:21:16 | URL | みかん #-[ 編集]
いつも、ありがとうございます。
かがるさん、こんにちは。
早速のアップありがとうございました。
すぐに読んでいたのですが、なかなか感想が書けなくってごめんなさい。

SLS・・・色々な想いが満ちていて・・・彼らの曲と同じように、彼らの気持ちが・・・痛いほど伝わってきて・・・私の心を揺さぶりました。
次回野外のフェスがあるときには、今度こそ参戦したくなってしまいました。

最後に、いつも素敵なレポートを書いていただいてありがとうございます。シングルの発売も近づいてきたし、BUMP関係はこれからどんどん忙しくなりそうですね。体に気をつけて、更新していってくださいね。
では。
    2007/09/14(金) 04:47:57 | URL | しげち #-[ 編集]
みかんさんへ
みかんさん、はじめまして。こんにちは。
遊びにいらしてくださってどうもありがとうございます。

みかんさんはこの春にバンプの音楽に出会ったのですね。
恥ずかしながら…だなんて、全然そんなことはないですよー!
バンプの音はいつも真っすぐで誠実ですよね。
ライブもほんとに真っすぐで真っすぐですばらしいです。
みかんさんも、ぜひライブに。ツアーが始まるそのときが楽しみですね。

のんびりマイペースなブログですが、素敵とおっしゃっていただけてうれしいです。
ありがとうございます。
よろしかったらまたいらしてくださいね!
    2007/09/14(金) 10:11:52 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
しげちさんへ
しげちさん、こんにちは。

SLSの感想文、読んでくださってどうもありがとうございます。
この日から2週間たとうとしていますが、
この日のバンプの音はずっとずっと心に残ったままです。
ほんとうにすてきなライブでした。
そして野外はやっぱり楽しいなということも改めて思いました。
この日はあいにくのお天気だったのですが、
でもそれすらも楽しく思えました。
しげちさんも、次回はぜひぜひ!夏フェスはほんとうに楽しいですよー!

バンプの活動もこれから忙しくなりそうですね。
私はあいかわらずのろのろペースでブログを更新していくと思います(苦笑)
しげちさん、いつも遊びにいらしてくださって、ほんとうにありがとうございます。
これからも楽しくがんばりますね。
    2007/09/14(金) 10:23:19 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://starberry.blog14.fc2.com/tb.php/194-5f4f13f6
[ CALENDER ]
10 « 2017/11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ ENTRIES ]
2008年ももう終わり
つれづれバンプ
2008.8.1(FRI) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008 at 国営ひたち海浜公園
明日はひたちなか
き ら き ら 星
SEOULと沖縄
シックとシップが無事終了

[ ARCHIVES ]
2008年12月[2]
2008年08月[1]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[2]
2008年04月[4]
2008年03月[1]
2008年02月[7]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[5]
2007年10月[2]
2007年09月[3]
2007年08月[7]
2007年07月[1]
2007年06月[2]
2007年05月[1]
2007年04月[3]
2007年03月[2]
2007年02月[1]
2007年01月[1]
2006年12月[1]
2006年11月[3]
2006年10月[2]
2006年09月[3]
2006年08月[8]
2006年07月[2]
2006年06月[1]
2006年04月[5]
2006年03月[9]
2006年02月[4]
2006年01月[5]
2005年12月[23]
2005年11月[16]
2005年10月[23]
2005年09月[4]
2005年08月[11]
2005年07月[35]
2005年06月[7]

[ PROFILE ]

NAME : かがる
カテゴリの[PROFILE]に詳細を書いてます
メールはこちら

ツアーが決定してわくわくしています。
そしてわくわくしすぎて気持ちがとっちらかっています。

サイト内に掲載している文章、画像の無断転載等は、ご遠慮ください。


[ COMMENTS ]
かがる[01.05]
春陽[01.04]
かがる[01.03]
かがる[01.03]
tiko[01.01]
栗太郎[12.31]
かがる[12.31]
しげち[12.28]

[ TRACKBACKS ]
タイムマシンにお願い♪[08.12]
[07.27]
B6サイズの1日[07.26]
TSUTAYA[06.08]
【ナシゴレン】について[03.09]

[ LINKS ]
BUMP OF CHICKEN
PONTSUKA!!
SCHOOL OF LOCK!
TOY'S FACTORY
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE0702@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE07@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE06@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE0502@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE05@excite
[M+]BUMP OF CHICKEN blog
Excite BUMP OF CHICKEN04
バンプ×ワンピース×エキサイト
おおいわ
FACT
discord
andante
チョコレートバターミルク
hugs*
hugs*BUMP OF CHICKEN
hugs*photolog
千年百年
星のひざかけ
いまは、いつかに、つながっている
ANOTHER DAY
aurora
電解事変。(SR三毛猫柳本線)
SPECIAL★SONG
Lilly
B.E.F.O.T
グッバイミュージック ハローミュージック
ファンダメンタル
Blue*Snow*Blue
もかの気の向くまま日記
honey apple

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。