starberry
 BUMP OF CHICKENについてのつれづれ
Copyright © 2017 starberry, All rights reserved.
Category..|最新の記事NEWSSONGLIVEPVWEBTVRADIOMAGAZINE思うことotherPROFILEmoblog未分類
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR “ホームシック衛星” 2008.1.31(THU) 高知BAY 5 SQUARE
2008/02/04(月)
1/31、高知BAY 5 SQUAREでのライブに行ってきました。
“ホームシック衛星”ツアー、14公演目です。
高知に行くのは、今回が3回目。
一度目は、2003年5月、“NINJA PORKING”のときに。
二度目は、2004年11月、“MY PEGASUS”のときに。
そして三度目の今回は、“ホームシック衛星”…。
私の高知行きの目的は、全部BUMPのツアーではないかという(汗)
2003年に初めて行って以来、私は高知が大好きです。
太陽がさんさんと照っていて、青い空がきれいで、街並が明るくて、路面電車がすてきで。
また高知に行きたいな、とずっと思っていたので、
“ホームシック衛星”のツアー日程に“高知”の文字を見つけたときはほんとうにうれしくて、
友達にいの一番に知らせてしまったくらいで。いったいどこに住んでるんだ私は(汗)
今回は、ずっと高知に行きたい、と話していた友達との念願の高知行きが果たせました。
飛行機に乗って高知まで約1時間半。
ふたりして離陸に浮かれまくり(ふたりとも離陸の瞬間が大好きという)、
飛行機の窓から見えた、雪化粧がほどこされた富士山にさらに浮かれまくり、
高知に到着したらうれしさMAX。
久しぶりの高知は、東京よりもずっと温かくて、太陽がさんさんと照っていて、
青い空がとてもきれいでした。
(以下セットリストあり。これからライブに参加される方はご注意下さい。
 そして異様に長文です。MCはまたニュアンスで……汗)


高知には午前10時半頃到着。
リムジンバスに乗り込んで高知市内にぶんぶん向かいました。
宿泊する大好きなホテルに荷物を預かっていただいて、さっそく街散策。
雑貨屋さん巡りをしたり、すてきなカフェでランチしたりとさっそく高知を満喫しました。
それからホテルでライブ着に着替えて、路面電車に乗ってBAY 5 SQUAREに向かいました。
路面電車に乗ってライブに行く、というシチュエーションがたまらなく好きです。
そしてBAY 5 SQUAREは大好きなライブハウス。海のすぐそばにあるライブハウスです。
到着後、物販の列に並びました。結構な列ができていましたが、
グッズの在庫も豊富、販売しているスタッフの方の人数も多く、
列を誘導してくださってるスタッフの方も丁寧&テキパキと対応して下さったおかげで
列はするすると進み、並び始めて30分弱でお買い物することができました。
買ったのはTシャツ(黒)、タオル、リストバンド、バッジセット。
そしておるすばんのお友達の分のTシャツ。
買いたいと思っていたものを無事に全部買うことができてほっとしました。
そしていつもクロークは苦手で敬遠しがちだったのですが、今回はお願いしました。
購入したグッズや着ていたパーカーなどを預け、ロンT+Tシャツ+タオルでしばし待機。
さすがにちょっと寒い…でも平気!と自分に言い聞かせつつ、友達とおしゃべりしたり、
さらにまた別の友達に電話したりして開場を待ちました。
開場を待つ間、自転車で会場入りするお客さんをたくさん見かけてほのぼの。
自転車でライブ、いいなあ。なんてすてきなんだろう!って思いました^^

開場時間15分ほど前から、スタッフの方の誘導のもと整列を開始しました。
そしてほぼ定刻通りに開場。
この日は整理番号がかなり早かったため、あっという間に入場。
はやる気持ちをなるべくおさえつつ、でもやっぱりどきどきしつつフロアに入って、
友達とふたり、ちゃまサイドの最前におさまりました。
ふたりで「最前だー」「近いー」とにまにま。
BUMPのライブで最前は今回で3回目。でも何回目であろうともどきどきどきどきします。
フロアはあっという間にたくさんの人でうまり、
もはや後方はどうなっているのかわからない状態に。
ほえー、としているとスタッフの方が目の前にいらして、
ライブの注意事項などをお話され始めました。
お話の内容もマニュアル通りのものではなく、
スタッフの方が一所懸命考えて下さったんだなあと思えるもので、
聞いていてとてもうれしくなりました。みんなで真剣に聞きました。
スタッフの方は、5箇所くらいで同じようにお話されていていました。

開場して30分ほど過ぎた頃、少し押しがきました。
後方までお客さんびっちりだったので、全体的に前につめたようです。
ライブが始まったらさらに押しが来るな、と改めて心しました。

今何時頃かな?と思った矢先に、「A Quick One While He's Away」が響きました。
一気に来る押し。前にあるバーにつかまりつつ、ライブが始まる!という思いがぐっと高まりました。
大歓声の中で響いていた「A Quick One〜」がぴたりと止まり、照明がばん!と落ちて、
「星の鳥」が静かに響きました。
そしてBUMPの4人がステージにそろりと登場。

ちゃまがステージ中央近くまで行って、持っていたツアータオルをばばーんと掲げる。
増川くんがギターを抱えて、
藤くんがギターをぐいーーんと掲げて、
それと同時に升くんがスティックを掲げて天を突き刺す。

今日のライブが始まるのだ。背筋がぴんとしました。

「メーデー」が始まった瞬間、押しがどーんと強くなりました。
口から胃が出そうです。でもそれもライブだー!という感じで楽しく思えました。
曲中盤の升くんのドラムソロをまじまじと聴く。見る。
圧巻でした。目の前で体験できてほんとうにうれしい。
そのとき、藤くん・ちゃま・増川くん3人とも、升くんの方向を向いていました。

「才悩人応援歌」では、畳み掛けるような歌詞をうたう
藤くんの口元を集中して見てしまいました。
そしてちゃまがほんとに目の前でベースをガツガツっと弾いていて、
弦を弾く指と生音に目と耳が釘付けに。

「ランプ」は、先日の郡山で久々に聴くことができて、
次はいつ聴けるかな?と思っていたのですが、
この日物販に並んでいるとき、リハで「ランプ」をやっているのが聞こえてきて、
ああ、今日も聴けるんだ、とにまにま。
藤くんのうたいかたが、とてもやさしくやわらかでした。

照明がぐんと明るくなって、「アルエ」
ちゃまが前に出て、ベースをがんがんに弾いて、うたって、お客さんを煽る。
ふと増川くんの方に視線を向けたら、ギターを弾きつつ楽しそうに口づさんでおりました。
♪僕の大切なアルエ のところとか^^

ここで最初のMCが入りました。
話し始めたのは、目の前にいたこの人!

ちゃま「ハロー高知!
    オレら、ここでやるの4回目らしいよ。
    どうやら、ここのこと大好きらしいよ(ニコ)」


BUMPがここでライブをやるのは4回目ですね。
私はここに来るのは3回目です。
私もどうやら、ここのこと大好きらしいです。

ちゃま「近くにもし(うなだれるポーズ)って感じの人がいたら助けてあげて!
    それがきっかけで生まれる恋っつーのもあるよ!(笑)
    男同士の友情が芽生えることだってあるしね!
    みんなで助け合っていいライブにしましょう!」


すごい歓声と拍手のあとに始まったのは、「ハンマーソングと痛みの塔」
この曲では、この日は特にリズム隊に釘付けでした。
ことに升くん。リズムの刻み方とか、食い入るように見る。聴く。
キックとかじーーーっと見てしまいました。気づけば升くんの一挙一動に釘付け。
そして曲そのものも、一度聴くととにかく心と頭の中をぐるぐるぐるぐる。

「ひとりごと」
藤くんがやさしくやわらかくうたいかける。
ちゃまが目を閉じてコーラスしたり、大切に、やさしく、
一音一音を紡ぎだしている様子も目の当たりにする。
藤くんのやわらかい声と、ちゃまのやわらかいベースが重なり合って、
それがじんわりじんわりしみました。

「ギルド」
ほんとうに『ユグドラシル』リリース以降の参加しているライブでは
「ギルド」を聴けなかったことってないなあ…と改めて思いました。
郡山のとき、ちゃまと増川くんのコーラスがとてもきれいだったのが印象的で、
この日もその箇所を集中して聴きました。この日もやっぱりきれいだったなあ。

ここでMCが入りました。

藤くん「こんばんは、BUMP OF CHICKENです。
    またここでライブができてうれしいです。
    歌います!聴いて下さい!」


「花の名」
増川くんがゆっくりゆっくり、だいじにだいじに音を出して、
藤くんがゆっくりゆっくりうたい始める。
増川くんは藤くんの方を真っすぐ向いて弾いていて、
この日私がいた場所からも、その様子がはっきり見えたのですが、
増川くんはギターを弾きながら、とにかく真剣に藤くんを見ていて、
あまりに真剣で、そのとき増川くんは口が開いてる状態で、
でもそれはぜんぜんおかしいことではなくて、
ほんとうに真剣に、自分のギターを藤くんの声に乗せている様子がよくわかりました。
藤くんも増川くんのギターの音を大事に聴いていて、
その音をとても信頼していて、自分の声を増川くんのギターに乗せているように見えて。
なんだかこのときのふたりを見ていて、「キャッチボール」を思い出してしまいました。
ちゃまはそのとき、目を閉じてふたりの音と声をじっと聴いていて、
升くんもじっと聴いていて。
次第にちゃまと升くんの音も重なって曲が広がっていって。
私はBUMPに限らず、どのアーティストのライブでもめったに泣くことはないのですが、
このときはちょっと泣きそうになりました…。

「arrows」でもその余韻が続いて、
藤くんと増川くんの方を向いたまま、じっと聴き入ってしまいました。
だけど向き合えたと思うのです。「arrows」と。今までよりもずっと。

「飴玉の唄」には、この日も圧倒されました。
「ねぇ 怖いよ」から「離れたくないな」まで、
カッと目を見開いて、マイクスタンドを両手でぐっとつかんで、
思いのたけを込めるように絞り出すように声を出す藤くん。
力が入って前のめりの姿勢になって、両足のかかとが浮いていました。
そのときの藤くんが忘れられないでいます。

ここでMCが入りました。

藤くん「…ちょっとお客さんの方を照らしてもらってもいいですか?
    …あの、オレ、目が悪くて…あと上のライトが眩しくてお客さんの方よく見えなくて…
    (ライトが消える)…あ、見えた!
    具合悪い人いませんか?後ろの方も大丈夫?
    後ろの方も結構ギリギリ?…ギリギリな感じだね。
    後ろもギリギリだから、前の方はこのままがまんしなきゃならんのだよ。
    これから飛ばすけど、いいかな?
    具合悪い人いませんか?大丈夫?
    みんなに最後まで曲を聴いてもらいたいからさ…」


その藤くんの言葉をみんなで真剣に聞きました。
が、藤くん、「あれ?」という表情。

藤くん「……あの、ここでしーーーーんとされると、結構凹むんだよ…。
    みんな、なんかリアクションしてくんないとさ……」


いやいや!ただしーーーーんとしていたのではなく、真剣に聞いていたのですよ!(焦)
でもこのときの藤くんはほんとに凹んだ表情に(^^;;
みんなでものすごい歓声&拍手を送りました。

そういえばこのときだったか、ピックをマイクスタンドに刺しなおしてるとき、

藤くん「…刺さらない(苦笑)」

ということもありました。ふはは。

ここから飛ばす、という言葉通りに続いたのは「真っ赤な空を見ただろうか」
ゆっくりのギターのあと、ぱん、と弾けるようにアップテンポになった瞬間、
またも押しがぎゅぎゅっと強くなりました。でも楽しい。
この曲も、歌詞は切なくて、でも聴いているとなぜだか楽しくなる。
ライブで聴くとよけいに楽しい気持ちになります。

ぱっと照明が明るくなって、ちゃまがハンドクラップを開始。
藤くんも増川くんもハンドクラップ。
升くんもドラムセットの中で立ち上がってハンドクラップ。
みんなでお客さんにもハンドクラップを促す。
そしてみんなニコニコで、♪かさぶたぶたぶ と歌い始めました。
「かさぶたぶたぶ」
その瞬間、お客さんも全員ニコニコになったに違いない!と思えるほど、
なごやかでうれしいムードがただよいました。
この日もお客さん側にマイクを向けて、4人は耳に手をあててお客さんの声を待っていました。
4人とも、ほんとうにニコニコ。
曲が終わったとき、升くんがほんとうにうれしそうに、
お客さん側に両腕を真っすぐ伸ばして拍手をしていたのが印象的でした。

この曲の前だったか、

藤くん「もっと大きい声でうたっていいんだぜ」

って話していて、この曲が終わったあとに、

藤くん「みんないい声してんじゃん(にま)」

って言ってくれて。その言葉を聞いて、

ちゃま「なんだよみんな!オレそんなこと言われたことないよ!(笑)」

ってぶつぶつ言っておりました(笑)

にっこりほっこりムードから一転、藤くんのギターがぐいーーんと力強く鳴る。
「ダイヤモンド」
ちゃまが腕を挙げてお客さんを誘導。
お客さんをぐるーっと見渡して、語りかけるようにうたうちゃまに向かって、
ぐぐっと右腕を挙げました。
♪ひとつだけ で無数に挙がる人さし指は、ステージから見たらどんな風にうつってるんだろう。
きっときれいなんだろうな。

「天体観測」が始まった途端、さらに押しがどーーーん。
でもそれもすごく楽しい!
「予想外れの雨に打たれて」の箇所が、この日は妙に心に突き刺さりました。
ものすごく印象に残っている。
CDやライブで何度となく聴いている曲でも、
いきなり何かに気づいたり、何かが刺さったりします。
このときはまさにそんな気持ちでした。

「天体観測」のあとだったか、
「高知に来てくれてありがとう」と仰ったお客さんがいました。

その言葉に、

藤くん「こちらこそ、ライブに来てくれてありがとう」

ってにっこり返していて、そのやりとりがほんとうにすてきで、ほのぼのしました^^

「かっこいい!」「すてき!」などの歓声に対しても、

藤くん「かっこいいのはみんなの方だよ。
    ほんと、すごいきれいなんだよ」


と返していた藤くん…。

ほっこりした、うれしくなるような言葉のあとに始まったのが
「supernova」
心がよりあたたかくなりました。
ちゃまが手を挙げてお客さんを誘導。
お客さんの手が揃うと、うれしそうに、うんうん、と頷くちゃま。
現場監督のよう(何)
コーラス部分では藤くんも増川くんも耳に手をあててお客さんの声を待っていました。
藤くんはこのときも「もっと大きい声でうたっていいんだよ?」と言っていたような。

「星の鳥 Reprise」が静かに流れて、
藤くんが「最後の曲です」と言って始まったのは「カルマ」
とどめ!というばかりに押しがぐぐぐっときました。
ちゃまが目の前で頭をがしがし振りながらガツガツベースを弾いていて、その姿に圧倒。
このときはほんとうにちゃまに釘付けで、頭→指→頭→指 と交互に見入ってしまいました。

「カルマ」が終わって、ライブが終わって。
「ありがとう!」っていちばんに言ったのは、この日も増川くんで。
ライブが終わると、どうしても条件反射で増川くんに視線を向けてしまい、
「ありがとう!」の声を聞いて、ほっ。何者だ私は。
升くんはドラムセットの中にすくっと立って深々とおじぎ。
ちゃまはピックをフロアにしゅしゅっと投げて、
藤くんはゆっくりと「どうもありがとう」と言って、
4人はステージからはけていきました。

それと同時にアンコールの嵐。
アンコールを促す手拍子と、「アンコール!」という声の、嵐。

ほどなくしてステージがぱっと明るくなって、ふたたび4人がステージに。
ちゃまはグレーのツアーTを着て、グッズのキャップをかぶってニコニコ。
藤くん升くん増川くんはお着替えなしでした。
増川くんがちゃまサイド前方に来てニコニコ。
そういえばこの日の増川くんのTシャツは、黒地に青りんごが描かれていましたが、
その青りんごから歯が生えているような感じのイラストに見えて……
実際どうなんだ。歯なのかあれは(汗) ある意味、釘付けでした。

ちゃま「四国、イエーイ!
    四国の中の高知、イエーイ!」


ニコニコでMCを始めたのはちゃまでした。イエーイ!

ちゃま「あのさ、高知の名物…っつーか、おいしいもの教えてくんない?
    はい誰か知ってる人ー?」


はいはいー!とたくさんの手が挙がりました。

ちゃま「はいじゃあそこのメガネの人!そう、そのメガネの彼!」

ちゃまにご指名を受けた方は、どきどきした感じで「文旦とか…」と答えていました。

ちゃま「!?文旦?…ぶんたん?…あのー、文旦??
    ……いや、オレ的には超アウェイな感じなんだけど!(笑)」


なんでだー。文旦おいしいじゃないですか!

ちゃま「…はいじゃあほかに知ってる人ー?
    はい、じゃあそこのメガネの女子!
    …言っとくけど、オレ今日はメガネびいきしてるかんね!(笑)」


ご指名を受けた女の子は、「私んちのおみそしるー!」と発言。か、かわいい…!

ちゃま「!?……!?(笑)…わたしんちの、おみそすぃる!!(笑)
    あのー……じゃあスタッフ20人分くらい予約お願いするんで(笑)」


ちゃまは戸惑いつつもにまにましておりました(笑)

ちゃま「…でさ、ここから360°見渡して…いや違う!180°か!
    360°だったらぐるーーーっとステージの方も入っちゃうか!(笑)
    いやでもこっち(メンバー)も含めて、みんなもうテッカテカだかんね!(笑)
    もうみんな、お豆さんみたい!
    こっから見んと、みんなもう煮たお豆さんだよ!!
    高知はあったかいっつっても、やっぱり寒いよ!
    このまま外に出たらぜってー風邪引くから!
    このまま帰すわけにはいかないよ!!
    …だからこのTシャツ買ってっちゃえばいいんだよ!(笑)」


じわじわと物販トークを開始した直井さん←いきなりあらたまってみたりする
お客さんはちゃまのその呼びかけに「イエーイ!」と応えました。

ちゃま「んでパーカーもはおっちゃったりして!」(イエーイ!)

ちゃま「帽子もかぶっちゃったりして!」(イエーイ!)

ちゃま「缶バッジもつけちゃったりして!」(イエーイ!)

ちゃま「んでストラップもつけちゃったりして!
    これ、キーホルダーにもなっちゃったりして!」
(イエーイ!)

ものすごく息の揃ったコール&レスポンスが続きました(笑)

ちゃま「…みんなこのまま、スタジオアルタにつれていきたいよ!
    何このレスポンスのよさ!タモさん大喜びだよ!(笑)」


藤くんと増川くんはこの様子を、ドラムセット前に腰掛けてにまにま見つめておりました(笑)

そしてちゃま、いきなりのヒロコール(笑)
増川くんは、えーー?って態度を取りつつもニヤニヤ。

増川くん「…あの、今日はみんなのおかげでほんとに楽しくライブができてます!
     どうもありがとう!
     いやもうほんとにみんないい顔してるよねえ。
     確かにテカテカだけど、その分を差し引いてもいい顔してるよ。
     ……別にもう特に話すこともないんだけどね(苦笑)」


おーーーい!(笑)
そうかと思ったら、また話し始める増川くん。

増川くん「…あ、あの、オレきのうぎょうざ食べたの。ラーメンも。屋台のね。
     夜中にタクシーで行って…
     タクシーの運転手さんに、ラーメン食べられるとこ知ってますか?って聞いて。
     んで、あ、知ってる…それどこっすかね?とかってつれてってもらったら、
     そこにスタッフ全員いてものすごく気まずかったよ!(笑)
     もうオレ、どんだけぎょうざ食べたいんだよっつー…はずかしかったです(笑)」


唐突になんだろう(笑)
そして増川くんが話しているその間、藤くんちゃま升くんは3人でひそひそ。
聞いて!話を聞いて!!(汗)

そしていきなり沸き上がる升コール。
升くんは立ち上がってお客さんを煽る煽る。
とにかく煽る(笑)
いきなりTシャツをぺろっとめくりあげてみたり、ハーフパンツの裾をめくりあげてみたり。
破廉恥な!(爆)
藤くんと増川くんはその様子を見て困惑気味にニヤニヤ、
ちゃまにいたっては倒れ込んでけたけた笑い、起き上がって「なにあれ!?」と(笑)
升くんご乱心。升秀夫の乱(何)
そして藤くんが升くんのところに行ってひそひそ話。

藤くん「…あの行動からは想像もつかないけど、
    升、“あたたかい気持ちになった”って」


升くんは何度も自分の胸に手をあてて、目を閉じて微笑みながら頷いていました(笑)
そしていきなり

升くん「どうもありがとう!」

と!

しゃべった!!

升くんがしゃべった!!!

クララが立った!byアルプスの少女ハイジ←何

大歓声です。止まない升コール!

ひとしきり大騒ぎしたあと、ようやくアンコールへ(笑)

藤くん「今から久々にやる曲をやります」

のことばに、久々にやる曲…?なんだろう…?どの曲だろう…?と真剣に考える。
そして考えているときに、目の前を何か黒いものが横切りました。
そしてキャー!という歓声。
ん?何?と隣にいた友達の方を向いたら、友達の手にはツアーグッズのキャップが。
あれ?キャップ買ったっけ?と思いつつも、目の前にいたちゃまをふと見たら、
さっきまでかぶっていたキャップがない。
あれ?ちゃまキャップは?と思った瞬間に、すべてが繋がりました。
さっき目の前を横切った黒いものはちゃまが投げたキャップで、
友達の手にあるキャップは、ちゃまが投げたそのキャップ!
友達がちゃまのキャップをキャッチしていたことに気がつきました。

!!!!!!!!!!

友達に「取れたの!?」と確認。
友達はびっくり&うれしそうに「取れたの!!」と!
ほえーーー!すごい!!
そして何を思ったかその場で、「あとで写真撮らせて」とお願いする始末。
ライブ終わってから聞けばいいのに…
びっくりしたときにとっさに出る言葉というのはわけわかりませんね(遠い目)
そしてふとステージを見ると、藤くんと目が合ったような気がする…。
そしてそのまま「大丈夫?」と言った藤くん。
目が合ったようなままの状態で言われたので、大丈夫、の意味を込めて頭を縦に一回振ったら、
藤くんはにまっとしておりました。……。
気のせいではないのです。
たぶん、ステージから見て、ちゃまがキャップを投げたときのことを
私がまるで把握できずにぽかーんとしてるように見えたんだろうな…
実際まるで把握できてなかったし(汗)
だから、大丈夫なのかこの人は、的な…。

“久々にやる曲”は、「ダンデライオン」でした。
藤くんはにまにましながらうたっていました。
楽しそうだなあ…と思っていたら、目線が泳ぎ出したような気が。
その様子は、歌詞を思い出しているように見えました(爆)フフフ。

そして「ガラスのブルース」
この曲を聴くと気持ちが引き締まります。
「空を見上げて」でまっすぐ一本指を挙げるのが大好き。
しかしこのとき、私は何をぼやぼやしていたのか、
なぜかいつもチェックしている増川くんのジャンプを見逃す始末。
由々しき事態です(泣)
私はそのときいったいどこを見ていたんだろう…。
あとで友達に聞いたら「増川くん、ジャンプしてたよー」と。そうだよね…。

「ガラスのブルース」が終わって、ほんとにライブが終わる。
升くんがドラムセットの中にすくっと立って深々とおじぎ。
ちゃまと増川くんがペットボトルの水を撒きました。
このときちゃまの撒いた水がぴしっとかかりました。
そしてちゃまは着ていたTシャツをしゅるっと脱いでフロアに投げました。
ちゃま、やっぱり色白いです…!
藤くんもペットボトルの水を撒き、リストバンドやピックを投げ…
ピックはパンツのポケットに入っていたものも投げていました。
そしてドラムセットの脇に未開封のペットボトルが2本あることに気づき、
うれしそうにその2本をゲット、また水を撒き、
カラになったペットボトルを1本ずつすぽーーーんと投げました。
そのフォームがほんとうにきれいで、思わず見とれる…。
でもかなりの勢いですっとばしていたので、
そのペットボトルが届いた先はどうなっていたんだろう…。

藤くんは「どうもありがとう。また来るよ」と言ってステージをあとにしました。
最後の最後にピース!してにまっとしていました。

高知のライブも、ほんとうに楽しかったです。
大好きな高知で、大好きなBUMPのライブを最前という贅沢な場所で楽しめただなんて
まるで夢のようです。でも夢ではないのです。
そして常にお客さんの体調を気遣って下さったスタッフの方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。
ますます高知が、BAY 5 SQUAREが大好きになりました。


【セットリスト】

01.星の鳥
02.メーデー
03.才悩人応援歌
04.ランプ
05.アルエ
06.ハンマーソングと痛みの塔
07.ひとりごと
08.ギルド
09.花の名
10.arrows
11.飴玉の唄
12.真っ赤な空を見ただろうか
13.かさぶたぶたぶ
14.ダイヤモンド
15.天体観測
16.supernova
17.星の鳥 Reprise
18.カルマ

En.
01.ダンデライオン
02.ガラスのブルース






お友達がキャッチした、ちゃまがかぶっていたキャップです。
「直井帽」と呼んでおります。
写真を快く撮らせてくれて、掲載を了承してくれたお友達、
どうもありがとうございます!
スポンサーサイト
01:54 | LIVE| トラックバック:0 | コメント:10


コメント
郡山と高知のライヴ、お疲れさまでした!
いつもながら細やかな(濃やか、かな?)レポ~!スゴ~イ!
(でもココに書いてて大丈夫?とちょっと心配だったりします)
まるで自分もその場に居たような臨場感でビシバシ伝わってきました。
シック見送り隊の私としては何よりのお土産です。
本当にありがとうございました。
直井帽ゲットもおめでとうです☆
私もナデナデしてみたいな・・・(ぽっ)。

それにしても高知という場所は魅力的ですね!
ホテルにしろ、カフェにしろ、路面電車にしろ、いちいち素敵です。
そろそろ四国にも目を向けてみましょうかね♪
    2008/02/04(月) 12:59:22 | URL | Spica☆ #-[ 編集]
お帰りなさい♪
かがるさん、こんにちは!
チャマさん最前で、升さんが喋って…旭川の事を思い出しながら、一気に読ませていただきました☆
京都では「バイバイサンキュー」そして高知では「ダンデライオン」意外な曲がアンコールに出てきてびっくりですね。
お友達の帽子キャッチも素晴らしい!

物販の対応とか、始まる前の説明とか…とても素敵ですね、高知BAY 5 SQUARE♪
四国には未だ一度も行った事が無いのですが、かがるさんのレポを拝見して、ますます行きたくなりました。
    2008/02/04(月) 14:05:44 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
直井帽!!
今晩はー。
はぁぁ!高知マニアック(?)レポ最高に面白かったー(笑)
はっ・・面白かったが感想は駄目ですね(ふふ)
かがるさん、なんと最前列に!
しかもお友達は、直井帽(not松居棒)をキャッチとはー。幸せですね。。一年分くらいの幸せに匹敵しそうです☆写真だけでも、ドキドキします。
そしてそして、「ダンデライオン」羨ましいです。

密かに(ほんとはかなり)期待している、かがるさんeyes♪
どうして、ライブ中にそんなディテールまで観察できるのですか!
>増川さんのMCを聞いていないメンバー
おもしろいーー。
何だろう、増川さんってどうしてあんなに面白いんですか・・・(にやり)

そして、BUMP4人の魂の演奏さらに楽しみになりました。


    2008/02/04(月) 19:33:44 | URL | みかん #-[ 編集]
かがるさんこんばんは。
郡山に続き高知からお帰りなさい~。
もうニマニマですよ。こちらもしあわせ~な気持ちになりました。ほんとライブに参加した気分です♪4人の事細かな表情や演奏もかがるさんとカリコさんの姿も目に浮かぶようです。
升くんが言葉を発したとは・・すごいー(爆)いかにテンション上がってたことか、公の場で話すのはあのsupernovaのPV撮影以来?かな(笑)
そしてにゃおい帽・・ミラクルガールズたちグッジョブ(^^)v
チャリでライブに駆けつけるなんて素敵~帰りなんてめちゃ気分良いだろうねぇ。
高知私も好きな街です。また行きたいぜよ~
してフライングメール失礼いたしました(汗)
    2008/02/04(月) 23:47:30 | URL | じゃすみんT #8/uw2hxc[ 編集]
おおおー!
かがるさん、こんばんは。
やはりすごい、かがるさんのレポ。素敵☆
脳内ライブが開催されました。いろいろとよみがえる~
増川くんが藤くんの方見て一生懸命弾いていたのは「花の名」でしたか!やばい、私間違えてた・・!汗 あの姿とても素敵でした。
して、直井帽写真の掲載も楽しみにしておりました。ショップで売られてるかのようなこの素敵アングル☆
キャッチした時、かがるさんがすぐさま事を理解して心配してくれて嬉しかったです。しかしいろいろ思い出してもてもどうして取れたかまるで分からない(笑)
高知での2日間、お世話になりました。
またぜひとも一緒に行きましょう!!
ていうか、微妙にタカチュー日記に写っていませんか?ふはは
    2008/02/05(火) 00:35:21 | URL | カリコ #4SZw2tfw[ 編集]
Spica☆さんへ
Spica☆さん、こんばんは。
郡山&高知のレポを読んでくださってありがとうございます!
「何よりのお土産」と仰っていただけてうれしいです。ありがとうごさいます。
そしていろいろとご心配おかけしてすみません。
またここに書いてみたのですが、万一何かあった場合は速攻で対処します。
お気遣い、どうもありがとうございますm(_ _)m

直井帽…Spica☆さんもきっとナデナデする日が来るはず!
そうだよね?<直井帽ゲットのお方

高知はほんとにすてきなところです☆
ホテルもカフェも路面電車も、ほんとうにいちいちすてきで、
高知にずっといたくなっちゃいました♪
Spica☆さんも、今後はぜひぜひ四国も視野に^^
    2008/02/05(火) 18:53:31 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
栗太郎さんへ
栗太郎さん、こんばんは。
高知レポ、読んでくださってありがとうございます!
そうですよね、旭川では栗太郎さんがちゃまサイド最前、
そして升くんがしゃべって…
高知でも同じことが起こりました。なんでしょう、デジャブ?(^皿^)←違
シックツアー、アンコールをいろいろ変えてきていますよね。
高知では「ダンデライオン」がくると思わなかったのでびっくりでした!
そして友達の直井帽キャッチもほんとにうれしいサプライズでした☆

BAY 5 SQUAREのスタッフの方達の対応もほんとうにすばらしく、
最後まで楽しい気持ちでライブに参加できたのは、
スタッフの方達のおかげでもあると思っています。
行くたびに高知が大好きになります。
栗太郎さんもいつかきっとぜひぜひ!!
    2008/02/05(火) 19:00:07 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
みかんさんへ
みかんさん、こんばんは。
高知レポ読んでくださってありがとうごさいます。
マニアックだったのでしょうか?(笑)
そして面白かったって言っていただけてとってもうれしいですよ!
どうもありがとうございます☆

高知は最前でどーんと堪能してまいりました。
そして友達の直井帽キャッチはほんとうにうれしさMAXです♪
というか「松居棒」の文字を見て、思わず鼻出そうになりましたよ!(汚)そうじ!
みかんさん、めちゃめちゃおもしろい…!(笑)

ライブ中は私は、音をしっかり聴きつつも、
ステージ上を失礼なくらいじろじろ見てしまっているのです(汗)
増川くんの突然のぎょうざトークのときの、藤くんちゃま升くんは、
こらそこー、話聞いてー!ピピー!←ホイッスル という気分でした(爆)

マリンメッセでのライブも、少しずつ近づいてきましたね。楽しみですね♪
    2008/02/05(火) 19:05:53 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
じゃすみんTさんへ
じゃすみんさん、こんばんは。
郡山&高知からただいまでーす。そしてレポ読んでくださってありがとうございます!
しあわせな気持ちになったと仰っていただけてうれしいです☆

升くん、ステージ上でことばを発しましたよ!
シックツアーでは、ことばを発してる会場もいくつかあるらしく、
でもまさかその場に居合わせることができるとは!
ほんとに、クララーー!!!って感じでした(だから違)
「supernova」のPV撮影のとき、淡々としゃべってましたね(笑)懐かし…。
直井帽ゲットはほんとに、真横にいたラッキーガールはグッジョブにもほどがあります!
彼女の手はGH(ゴッドハンド)だな!うん、絶対!

自転車でライブに駆けつける風景はほのぼのしました^^
じゃすみんさんも今度一緒に高知に行きましょう!
そしてフライングメールは気にせずー。にひひ。
    2008/02/05(火) 19:09:58 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
カリコさんへ
カリコさん、こんばんは。
そして高知はお疲れー!でした☆
レポ読んでくださってありがとうございました。
これは嫌がらせか!というくらい長くなってしまいました…(汗)

増川くんが藤くんを見て一所懸命ギターを弾いていたのは「花の名」のときでした。
あの姿はほんとに…すてきでしたね。
そして直井帽の撮影&掲載を快く承諾してくださりありがとうございます!
写真、よろこんでもらえてうれしいです☆
「ショップ風」をテーマに、ホテルの床に這いつくばって撮った甲斐がありました(笑)
にしてもほんとに直井帽キャッチ、すてきすぎますよね!
私もその場に居合わせることができてとってもうれしいです☆
今もなお夢心地な感じでしょうか?それもわかる!わかるぞ!!←誰だ

こちらこそ、高知の旅、お世話になりました。
またぜひとも一緒に行きましょう!
そしてタカチュー日記には微妙にうつってるね…(爆)
    2008/02/05(火) 19:15:10 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://starberry.blog14.fc2.com/tb.php/216-be8651bc
[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
2008年ももう終わり
つれづれバンプ
2008.8.1(FRI) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008 at 国営ひたち海浜公園
明日はひたちなか
き ら き ら 星
SEOULと沖縄
シックとシップが無事終了

[ ARCHIVES ]
2008年12月[2]
2008年08月[1]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[2]
2008年04月[4]
2008年03月[1]
2008年02月[7]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[5]
2007年10月[2]
2007年09月[3]
2007年08月[7]
2007年07月[1]
2007年06月[2]
2007年05月[1]
2007年04月[3]
2007年03月[2]
2007年02月[1]
2007年01月[1]
2006年12月[1]
2006年11月[3]
2006年10月[2]
2006年09月[3]
2006年08月[8]
2006年07月[2]
2006年06月[1]
2006年04月[5]
2006年03月[9]
2006年02月[4]
2006年01月[5]
2005年12月[23]
2005年11月[16]
2005年10月[23]
2005年09月[4]
2005年08月[11]
2005年07月[35]
2005年06月[7]

[ PROFILE ]

NAME : かがる
カテゴリの[PROFILE]に詳細を書いてます
メールはこちら

ツアーが決定してわくわくしています。
そしてわくわくしすぎて気持ちがとっちらかっています。

サイト内に掲載している文章、画像の無断転載等は、ご遠慮ください。


[ COMMENTS ]
かがる[01.05]
春陽[01.04]
かがる[01.03]
かがる[01.03]
tiko[01.01]
栗太郎[12.31]
かがる[12.31]
しげち[12.28]

[ TRACKBACKS ]
タイムマシンにお願い♪[08.12]
[07.27]
B6サイズの1日[07.26]
TSUTAYA[06.08]
【ナシゴレン】について[03.09]

[ LINKS ]
BUMP OF CHICKEN
PONTSUKA!!
SCHOOL OF LOCK!
TOY'S FACTORY
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE0702@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE07@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE06@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE0502@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE05@excite
[M+]BUMP OF CHICKEN blog
Excite BUMP OF CHICKEN04
バンプ×ワンピース×エキサイト
おおいわ
FACT
discord
andante
チョコレートバターミルク
hugs*
hugs*BUMP OF CHICKEN
hugs*photolog
千年百年
星のひざかけ
いまは、いつかに、つながっている
ANOTHER DAY
aurora
電解事変。(SR三毛猫柳本線)
SPECIAL★SONG
Lilly
B.E.F.O.T
グッバイミュージック ハローミュージック
ファンダメンタル
Blue*Snow*Blue
もかの気の向くまま日記
honey apple

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。