starberry
 BUMP OF CHICKENについてのつれづれ
Copyright © 2017 starberry, All rights reserved.
Category..|最新の記事NEWSSONGLIVEPVWEBTVRADIOMAGAZINE思うことotherPROFILEmoblog未分類
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR “ホームシック衛星” 2008.2.12(TUE) Zepp Nagoya
2008/02/15(金)
2/12、Zepp Nagoyaでのライブに行ってきました。
“ホームシック衛星”ツアー、21公演目です。
そして“ホームシック衛星”ツアーは、この名古屋公演を含めて
あと2公演のみという状況に…。
早ー。ほんとに早ー。
ツアーが発表になったときは、22公演もあるんだ!とびっくりしたのに、
気づけばあと2公演て何事なんでしょう…!
数年前聞いた升くんの「ツアーは始まっちゃったらすぐ終わる」という発言が
ぐるぐると頭の中をまわり、そして勝手に感慨深くなったりしてしまいました…。

名古屋に行くのは、約2年ぶり。
前回行ったのは、“run rabbit run”の名古屋公演のとき…
その前に行ったのは、“MY PEGASUS”の名古屋公演のときでした。
高知に引き続き、私の名古屋行きの目的はBUMPのツアーなんじゃないかという気持ちに(汗)

当日は、とにかくお天気が心配でした。
天気予報を見たら、東京にも、名古屋にも雪マークがついていて、
無事に名古屋に行けるのだろうか、
そして行けたとしても無事に東京に帰ってこられるのだろうか、
そもそも雪が降ったら新幹線は無事に走るのか、とか
天気のことばっかり考えながら、ひたすらどきどきして当日を迎えました。
東京を出発する時点で、東京のお天気は小雨模様。
この雨が夜更け過ぎに雪へと変わるだろうだったりするんスかね…と思いつつ、
新幹線の中でずーっと窓の外を見ていました。

(以下セットリストあり。そして異様に長文です。MCはまたもやニュアンスで……汗)

名古屋には12時過ぎに到着。名古屋も小雨模様でした。
この日は名古屋在住の友達と一緒にライブに参加しました。
到着後、メールを送ったのですが、送った瞬間に会えました。びっくり!
名古屋の友達に会うのは、去年8月のRIJF以来。
いつもなかなか会えなくて、RIJFが年に1回の再会の場、みたいになっていたのですが、
今回はBUMPのおかげで、夏を待たずして再会できました☆
そして私のリクエストを聞いてくれて、ひつまぶしを食べにいったり(初・ひつまぶし!)
雑貨屋さんに行ったり街をお散歩したりといつものパターンで名古屋を満喫。
気がつけば雨も上がって、青空が見えてきました。

Zepp Nagoyaには今回初めて行きました。
外にロッカーがいっぱいあって、かなり頼もしい感じでした。
16時過ぎに着いたのですが、グッズ先行販売の列がとてつもなく長くなっていてどきどき。
この日は整理番号がゆっくりだったので、開場ぎりぎりまで室内にいて、
外に出たらすぐに会場内に入れるようにしようという作戦を立てていました(作戦て…)
そして実行。もうそろそろ番号呼ばれるかな?という時間に外に飛び出して、
荷物をロッカーに入れて、会場前に行ったら、まさに番号を呼ばれていたので、すぐさま入場。
寒い時間が短くて済みました…。
2年前、冬空の下、Tシャツ1枚で待っていた私は、もはや別の人です(遠い目)

会場内に入って、友達と2人、ちゃまサイドの段差上2列目あたりにおさまりました。
段差下のフロアはすでにかなりの人で埋めつくされていました。
開演までの間は、友達とおしゃべりしたり、
SEを聴きながらZepp Nagoyaの大きさについて考えてみたり。
Zepp Tokyoよりひとまわりくらい小さいかなー、とか、
Zepp Sendaiや、Zepp Sapporoとかと同じ大きさくらいかなーとか、各地のZeppが比較対象…。
ちなみに、この日もらったZepp Nagoyaのドリンクホルダーの色はむらさきでした。

今何時頃かな?と思った瞬間に、場内にかかっていたSEがぴたりと止まりました。
場内中、その瞬間、しんとなりました。
それからいつもの「A Quick One While He's Away」がかかり、その瞬間、大歓声。
同時にフロアはすごい押し。フロア後方はすっかすかに…!
これもいつもの風景だなあとしみじみしつつも、どきどき。

すごい歓声の中、結構長いこと響いていた「A Quick One~」がぴたりと止まって、
同時に照明もすとーんと落ちて真っ暗に。
ざわざわする場内の中に、次に響いてきたのが「星の鳥」
ステージに照明が点いて、BUMPの4人がステージにあらわれました。
増川くん→升くん→ちゃま→藤くん の順に。
藤くんは手にハーモニカ…改め藤モニカ(真似っこ)を持っていました。
軽く掲げてパンツのポケットにイン。

4人がステージにあらわれているとき、ステージ後方に設置された8つのライトが、
ちゃまサイドから順に2つずつ点いては消えていって、その様子が、とてもきれいでした。
青いライト。

ちゃまがツアータオルをばばーんと掲げて前にいた人に託し、
藤くんがギターをぐいーーーんと掲げました。
同時に升くんがスティックで天を刺して、
そしてちゃまと増川くんも同時に右腕をまっすぐ挙げました。

4人とも同時に腕が挙がってる!
その光景がなんだかとてもうれしく感じられました。

「メーデー」のイントロが響いた瞬間、フロア後方はさらにすっかすかに。
ぎゅぎゅーっと、さらに押しが強くなっていたように感じられました。
会場全体が、もううれしくてうれしくて!という気持ちでいっぱいになっているような。
いや、絶対の絶対にうれしい気持ちでいっぱいになってた!
そして升くんのドラムソロはこの日も圧巻でした。
そのときちゃまはずっと升くんの方を見ていて、続いて藤くんも升くんの方を向いて、
最後に増川くんも升くんの方を向いて。
3人が、自然に順番に升くんの方向を向いたのが妙に微笑ましかったです^^

「才悩人応援歌」では、この日も藤くんの口元に目がいってしまいました。
畳み掛けるように、歌う歌う。
その姿を見て、口パクでですが、自然と口ずさんでしまっていました。
何だか、この曲はすごく歌いたくなる。ラララって言いたくなる。
そしてふと増川くんを見たら、増川くんも口ずさんでいました。

次の曲。
郡山と高知では、この次の曲は「ランプ」でした。
名古屋はどうだろう…と思っていると、
升くんのカウントする声がはっきり聞こえてきました。

始まったのは「涙のふるさと」でした。
郡山と高知と、セットリストが違う!とここで気づいて、勝手に気を引き締め直しました(何)
「涙のふるさと」は、今までずっと厳しい曲だと思っていました。
だけど『orbital period』リリース後、その印象は変わりました。
すごくやさしい曲なんだなと思いました。歩幅を合わせて一緒に歩いてくれているような。
歌う藤くんの後ろで、升くんも歌っていました。

曲の合間は、いろいろと歓声があがりました。
「涙のふるさと」のあとにも、「ちゃま結婚してー」の声が。声の主は男子!(笑)

ちゃま「…男同士じゃ無理だろっつの(笑)」

ちゃま、思わず反応。フフフ。ここで最初のMCが入りました。

ちゃま「ハロー名古屋!2階の方までびっちり見えてるからね!
    はい後ろー!はい前ー!」


お客さんみんなで手を振って応えました。

ちゃま「具合が悪くなったり、具合が悪い人が近くにいたら助けてあげて!
前にも係の方とかいるからね!…どんどん曲やるからどんどん聴いてください!」


そして始まったのが「ハルジオン」
…!!!
うわー!ライブで聴くのいつぶりだろう!とどきどき。
聴きながら少し震えてしまっていたかも。
BUMPの曲はどの曲もそうなのですが、
「ハルジオン」はほんとうに、何回CDを聴いたかわからないくらい聴いている曲です。
PVもものすごい見ています!
このPVで、増川くんは何でいきなり本を破いてるんだろう、とかずっと思っていて、
そのことを思い出して思わずにやにやしてしまいました(怪)
あとシングルの初回盤に付いてたステッカーがすさまじかったなとか思い出したり(爆)
♪水たまりの中の の藤くんの歌い方がとても好きなんで、
その箇所を特に注意深く聴いてしまったりもしました。やっぱり大好きな歌い方でした!

「ハンマーソングと痛みの塔」
この曲ではどうしてもリズム隊のふたりに目がいきます。
この曲のリズム展開が大好きです。
ちゃまはずっと升くんの方を向いていて、
升くんは一見淡々と叩いているようで、とても細やかにリズムを刻んでいて。
そしてほんとうに、いちど聴くと頭の中をぐるぐるまわる。
近くにいらした方が「この曲、すごく聴きたかったの!」ってお話されてるのが聞こえてきて、
すごいわかる!!と思ったりしました。

「時空かくれんぼ」
この日、初めてライブで聴くことができました。
ずっと聴きたいと思っていたので、始まった瞬間、心の中でばんざーい!な気分でした。
藤くんの歌も、4人の音も、じっくりじっくり聴きました。
升くんのドラムにはほんとうに圧倒されました!
あと増川くんがギターをガガッと弾いているとき、
藤くんが「ギター、増川弘明!」って増川くんを紹介したことに結構びっくりしました。
今まで参加したBUMPのライブでは、演奏中にメンバー紹介をしているのを見たことがないので、
このときははっ!となりました。

「プラネタリウム」
イントロを聴いただけで心が吸い込まれそうになりました。
ちゃまが腕を挙げてお客さんを誘導。
♪やめとけば良かった のちゃまのベースがとても好きで、
そのときは特にちゃまに釘付けになりました。
藤くんがやさしくやさしく歌う。
ライブハウスで、室内で聴いているのに、真夏の星空の下で聴いているような気持ちになりました。
そういえば真夏に野外で聴いたなあ。あれはひたちなかの空の下だったなあ。
とか、真冬の名古屋で、真夏のひたちなかを思い出してしまったりもしました。

ここでMCが入りました。

藤くん「どんどん歌ってもいいかな?
    さっきちゃまも言ってたけど、後ろの方もみんなちゃんと見えてるからね」


このことばのあとに始まったのは、「花の名」
思わず増川くんに目がいく。
増川くんはこの日も藤くんの方をまっすぐ向いている。
藤くんを真剣に見つめて、だいじにだいじに音を出して、
藤くんは目を閉じてゆっくりゆっくり増川くんの音に声を乗せて。
高知でもそうだったように、名古屋でも思わず泣きそうになってしまいました…。
ずっとずっとこの2人の様子を見ていたいような、音と声を聴いていたいような気持ちになりました。
「花の名」はとても好きな曲なのですが、ライブで聴いて、藤くんと増川くんの様子を目の当たりにして、
改めてとても好きになったし、とても大切だと思える曲になりました。

「arrows」でも、相変わらずその余韻を引きずってしまうという…
でもこの日の「arrows」で、増川くんのギターの音がほんとうにきれいで、
きらきらとしていることに気がついて、
歌詞をじっくり紐解くように聴こう、と思っていたのですが、
結果増川くんのギターを集中して聴いていました。
ほんとに、すごいきれいだった。弾き方もきれいでした。

「飴玉の唄」では、ギターを弾かずに両手でずっとマイクスタンドを掴んで歌う藤くん。
目を閉じてゆっくりやさしく、呟くように歌っていたかと思ったら、
急にカッと目を見開いて、叫ぶように歌ったり。
藤くんの歌う声から感情が溢れ出して、
歌う合間の息継ぎからも感情が溢れ出していたように聴こえました。
「ねぇ 怖いよ」から「離れたくないな」の箇所は、ほんとうに叫んでるみたいだった。
升くんの静かなドラムが、かえって曲に熱を加えているような気持ちになりました。

ここでMCが入りました。

ちゃま「楽しんでる?(ニコ)」

ちゃまの声に、お客さんみんなで手と声をあげて応えました。
そのときお客さんの方からもステージの4人に向けて「楽しんでる?」の声が。
藤くんはその声にすかさず反応、指差してつっこんでおりました。

ちゃま「そろそろみんなの声も聴かせてくれるかな?
    そろそろ一緒に歌ってくれるかな?」


このことばにイエーイ!とか言いつつ、なんですか、かさぶたの歌ですか?と思っていたら、

ちゃま「“fire sign”」

と!

照明がぱーっと明るくなりました。
「fire sign」、いつ振りだろう、うさぎツアー@代々木で聴いた以来?とかぐるぐる考える。
ちゃまが腕を挙げてお客さんを誘導。
無数の腕が挙がって、揃って揺れて、とてもきれい。
そしていつも、ステージ側から見たら、もっともっときれいなんだろうな。
そんな光景を見られるだなんていいなあ、BUMPずるいなあとか思ってしまいます。
コーラス部分では、とにかくみんな歌えと煽るBUMP。
増川くんがお客さん側にマイクを向けて耳に手を当ててお客さんの声を待つ。
藤くんは、ステージを端から端まで、耳に手を当てたまま歩き回る。
そして藤くんがお客さんの声にハモってくる瞬間が、たまらなく好きです。
ずっとずっと腕を挙げていて、いいかげん腕がもげそうです!(汗)と思いつつも
とってもうれしい気持ちで満たされたりもします。

藤くん「まだまだ声出るっしょ?まだまだ声出ちゃう感じっしょ?
    恥ずかしがることないんだよ。楽しいよ」


藤くんが楽しそうに、煽るように言ったことばのあと、
ちゃまがニコニコでハンドクラップを開始。
藤くんもハンドクラップ。升くんもドラムセットの中でハンドクラップ。
そして♪かさぶたぶたぶ かさぶた と歌い始め、みんなも歌えと煽り始めました。
会場全体で歌って、そこに増川くんのギターの音が重なって、
「かさぶたぶたぶ」が本格的にスタート!
この曲はほんとうに何でしょう…ほんとうに、全員がニコニコになってしまうような。
BUMPの4人も終始ニコニコ。
♪かさぶたぶたぶ かさぶた の前に、お客さん全体を見渡して、
「いっせーのー、はい!」と言う藤くん。
この日もお客さん側にマイクを向けて、歌えと煽るBUMP。
耳に手を当てて待っているBUMP。
ふと升くんを見ると、妙に背が高くなっていて、あら?と思ったら、
升くん、椅子の上に立っておりました。そしてニコニコで手拍子。
曲が終わったらひょいっと降りて素早く着席。
升くんの運動神経のよさを改めて感じる一幕でした…!

ちゃま「名古屋、リズム感いいなあ!手拍子、結構難しいよね」

ちゃまが手拍子をくりかえしながらニコニコしつつしみじみ。
そしていきなり、

藤くん「なかなかいいたぶたぶだったよ(にま)
    質のいいたぶたぶだったよね(にまにま)」


と!
場内大爆笑でした(笑)
“質のいいたぶたぶ”って!(笑笑)

でもこのときの藤くんはほんとうにうれしそうに見えました。
このときに限らず…藤くんがとにかくライブを楽しんでいることが伝わってきました。
いつでも、どのライブでも楽しんでいるとは思うのですが、
この日はそういった気持ちが言動にものすごく出ていたような。
曲の合間に、会場全体に届くように、背伸びして手をぶんぶん振っている姿も何度も見ました。

そして藤くんのギターがぐいーーんと力強く鳴って始まったのが
「ダイヤモンド」
ちゃまが腕を真っすぐ挙げて、お客さんひとりひとりに語りかけるように口ずさむ。
この姿は、何度見ても大好きです。
人さし指を挙げてジャンプすることも、何度やっても大好き。

「天体観測」が始まったら、人が増え始めていた段差下のフロア後方が
再びすっかすかになりました。ぎゅーっと前に押し寄せる人人人。
みんなが大好きな曲。私も大好きです!

藤くん「楽しんでる?…オレ、めっちゃ楽しいわ」

と言った藤くんの声が、ほんとうにうれしそうで、こちらまでうれしくなりました^^

そして盛り上がり過ぎて、場内に酸素はあるのでしょうか?状態の中、
静かに始まったのが「supernova」
ちゃまが腕を挙げて、ゆっくりゆっくりお客さんを誘導。
そしてこの曲でも、コーラス部分では耳に手を当ててお客さんの声を待つBUMP。
耳に手を当てる増川くんと藤くん。
藤くんはステージに座り込んで、場内全体を見渡して、
お客さんの声を聴きながらにっこりしていました。
あったかい気持ちになる曲だなあといつも思う。スープみたいな曲。

それから「星の鳥 Reprise」が静かに流れて、
その中で藤くんがお客さんに背を向けたまま右腕を真っすぐ挙げていました。
そしてそのままマイクの前に立って、「“カルマ”!」と言い放った瞬間、
「カルマ」がどかーんと始まる。
この曲のときはどうしてもちゃまに目がいきます。
この日も、頭をガンガン振って、太くて強い音を出していたちゃま。
かっこよかったです!かっこいいとしかいえないです!!

「カルマ」が終わると、ステージがぱっと明るくなって、ライブが終わりに。
この日も「ありがとう!」って最初に言ったのは増川くん。
というか、この日はいつもより言うのが遅い気がして、
増川くんを見ながら、早く!早く言いな!でないとほかの人が先に言っちゃうよ!とか
勝手にはらはらしていました…。
そして増川くんがいちばんに言ったのを見届けてほっとしたり。
ほんとうに何モンだ私は(汗)
升くんはドラムセットの中にすくっと立って深々とおじぎ。
藤くんはゆっくりやさしく「どうもありがとう」と言って、
そして4人はステージからはけていきました。

それと同時にアンコールの嵐。
手拍子が続く中、しばらくして「supernova」の♪ランラーララーラ をみんなで歌って
アンコールを促す事態に発展。
郡山もそうだった!高知は違った!そして名古屋で再び!とか、びっくり&どきどき…。

ほどなくしてステージに照明がついて、BUMPが再びステージにあらわれました。
ちゃまはグレーのツアーTを着て、キャップも着用。
そしてぴょぴょぴょーんと走って増川くんサイドへ。
このときの走り方が、ちょっと欽ちゃん走りぽかったです。ふほほ。
増川くんはちゃまサイドにいて、前方の人達とハイタッチをしていました。


ちゃま「アンコールどうもありがとう!名古屋、わっしょーい!わっしょーい!わっしょーーーい!!
    …名古屋、熱いなあ!(笑)」


ちゃまの「わっしょーい!」に、ものすごい勢いで「わっしょーい!」と応えるお客さん。
ほんとに名古屋、熱いっす!

ちゃま「オレらきのう味噌煮込みうどん食べたの。オレ、牡蠣入りコーチン食べちゃった!
    藤くんはスタミナで、ヒロは牡蠣入りだったよね?んで秀ちゃんは牡蠣入りコーチン…
    リズム隊、ちょっと欲張りな感じでー!(笑)」


いいなあ味噌煮込み!おいしいよね!牡蠣入りとかもあるんだ!
と、うどんに思いを馳せていると、唐突すぎるMCが展開されました。

藤くん「ち、ちょっと待って!なんかオレすごい眩しいんだけど!
    この眩しさがライトなのか、それともテカリなのかわからないんたけど!」


ちゃま「テカリはタオルで拭けばいいんだよ!」

藤くん「あ!そっか!」

ちゃま「んで、みんなが着てるきったないTシャツ脱いで、このTシャツ着ればいいんだよ!
    だってオレがつくったんだもん!そんでこの帽子をかぶればいんだよ!」


ここでお客さんから、「えー」の声が(爆)

ちゃま「えー、じゃねえよ!だって名古屋は今日から一週間冷え込むっていうじゃん!」

藤くん「え?あ?あの、それはどういう…」

ちゃま「だってみんな頭寒そうなんだもん!頭をあったかくするには、帽子をかぶる!」

藤くん「あ!なるほどな!」

ちゃま「んで、このリストバンドで汗を拭く!」

藤くん「いや…さっきタオルで拭いたんじゃないかな?」

ちゃま「ちげーよ!これは春になってからの話だよ!
    おまえらとの付き合いをこれっきりにするつもり、オレにはないから!」


藤くん「おまえ…先のこと見越してんのか……!」

ちゃま「つーかまあ、簡単な話、全部買ってってっつーことだよ!
    んでその売り上げでまた来れるってわけだよ!」


…唐突な藤くんとちゃまのやりとりは、物販トークでした(爆)
というかおふたりさん、ネタ合わせしただろ!(笑)

そしてちゃま、突然のヒロコール(笑)
増川くんは困ったように笑ってマイクに近づいていました。

増川くん「名古屋……わっしょーい!わっしょーい…わっしょーい……(ぼそぼそ)」

ちゃま「それ、オレのネタじゃん!オレがしれっと始めたネタじゃん!」

増川くん「…いや、いいなあ、と思ってて。…4ライブ前くらいからいいなあって思ってた」

藤くん「おまえにはあれがあるじゃん!わけわかんないけど上にがーって挙げるやつ」

増川くん「え?ああ…」

ギターをぐぐーっと掲げる。ちょこっとよろりとなる増川くん。
というか藤くん「わけわかんないけど…」って!(爆)

藤くん「安定感ないなあ。足がこんなんなってた」

左足をふるふるさせて増川くんにダメ出しする藤わら先生。

増川くん「いや、今コード踏んじゃって…」

そして再びギターを掲げる増川くん。すごい歓声。

そのあとも何度もヒロコールが続き、そのたびに増川くんはギターを掲げていました。
そしていきなり増川くんにまっしろのピンスポットが当たりました。まぶしー。

ちゃま「照明さんももうやめて!(笑)」

増川くん「今、まっしろで何も見えなかったよ」

こちら側からは、まっしろな光の中で、増川くんがまっしろになってるのが見えました(笑)

そして次は升コール!(笑)
升くん、お客さんを煽る。
とにかく煽る。
おもむろにTシャツの袖を捲り上げて、片方ずつ腕をばしばし叩く謎の行動に出たかと思ったら、
Tシャツの裾を頭までぺろっとめくり挙げて体をばしばし叩く。おなか見えてますよ!
そしてめくれたTシャツで顔が隠れて…着ていたTシャツが黒なものだから、
升くん、顔が真っ黒の謎の人に。ショッカーみたい(爆)

藤くん「いや、あの、ちょっと待って!待って!(焦)」

藤くん、升くんに近づいてひそひそ。

藤くん「…あの、升、“どきどきしてる”って。
    それもいい方のどきどきじゃなくて、悪い方のどきどき…っつか、動悸?」


そこですかさず、お客さんから「きゅうしーん!」の声が!レスポンス良すぎます!(笑)

藤くん「きゅうしん?」

“救心”ですね。動悸・息切れ・目眩のね……。

そしていきなりの藤コール。

藤くん「…いや、ちょっと待って!つか、もう何でもよくなってるでしょ!(笑)」

藤くんはちょっと焦りつつもにまにまして、ギターをががーんと掲げました。
ものすごい歓声。
それにしてもなんだろうこのノリ。二次会…を通り越して、四次会のような(爆)
でも楽しそうだった。ちゃまも、升くんも、増川くんも、藤くんも。

藤くん「オレ、名古屋にきてよかったよ」

そして始まったのが「グロリアスレボリューション」
!!!!!!
久々!
久々すぎて、いつぶりにライブで聴いたのか思い出せません!(こればっか)
ちゃまは曲が始まる直前に、かぶっていたキャップをひょいっとお客さんに投げていました。
それにしてもほんとうに久々…久々!久々!とかそんなことばっかり考えて、ニコニコで聴いていました。
ちゃまと増川くんがそろってジャンプ。何度も何度もジャンプ。
その様子を見て、うれしくなってよけいにニコニコに。

藤くん「もう1曲やってもいい?」

のことばのあとに始まったのは、「DANNY」でした!
そして私はまた友達に「DANNYだよ!DANNYDANNYDANNY!!」と言いつけまくりました…。
なんでいっつも言いつけちゃうんだろう…友達もライブに参加してるんだからわかってるというのに(汗)
「DANNY」を聴くと、それだけテンション上がっちゃうのかな。実際そうだし。うん、その線で!(何)
「DANNY」でも、ちゃまと増川くんは飛びまくり。私も飛びまくりました。
やっぱりテンション、あがります!!

「DANNY」が終わって、ほんとうにライブが終わります。
増川くんが再びいちばんに「どうもありがとう!」と言って、
升くんはドラムセットの中に立って深々とおじぎ。
ちゃまと増川くんがペットボトルの水を撒いて、
ちゃまは着ていたTシャツを脱いでフロアにしゅっと投げました。
やっぱりちゃま、色白いなあ…(ほんとにこればっか)
そして「ありがとう!」といってステージをあとにしました。升くんと増川くんもあとに続きました。
ステージには藤くんひとり。
ペットボトルの水を何本も撒いて、着けていたリストバンドを投げて、
そしてカラになったペットボトルをすぽーーーんと投げました。
内1本が近くを通過したのですが、すごいスピードでびっくり。
まともに当たったら鼻血出そうだなあ…としみじみしてしまいました(爆)

藤くんは「ありがと。またね」と言ってステージをあとにしました。
最後の最後に左腕を真っすぐ伸ばして親指立てて、
「グッジョブ!」的なポーズをしてたようにも見えました。

名古屋のライブも、ほんとうに楽しかったです。
ちゃまじゃないけど、名古屋、熱かった!ほんとに熱かったです!
そして楽しかった!という気持ちと同時に、ホームシック、もう終わってしまうんだなあ…と
寂しい気持ちになってしまったりも…。

“ホームシック衛星”ツアー、郡山・高知・名古屋の3箇所に参加することができて、
それはほんとうに贅沢なことだな…と思いました。
そして3箇所とも心から楽しめました。
そしてライブは言葉通り、ほんとうに生ものだとも改めて思いました。
同じライブなんて何一つない。そのことに改めて気づくことができてよかった、とも思いました。
“ホームシック衛星”は終わりましたが、次は“ホームシップ衛星”です。
会場の規模がぐぐっと変わりますが、別に気になってないです。ひたすら楽しみです☆


【セットリスト】

01.星の鳥
02.メーデー
03.才悩人応援歌
04.涙のふるさと
05.ハルジオン
06.ハンマーソングと痛みの塔
07.時空かくれんぼ
08.プラネタリウム
09.花の名
10.arrows
11.飴玉の唄
12.fire sign
13.かさぶたぶたぶ
14.ダイヤモンド
15.天体観測
16.supernova
17.星の鳥Reprise
18.カルマ

En.
01.グロリアスレボリューション
02.DANNY
スポンサーサイト
19:51 | LIVE| トラックバック:0 | コメント:6


コメント
お疲れ様でした☆
かがるさん、お帰りなさい!
またまた楽しい、そして素敵なレポをありがとうございました。
私はなかなか何度もライブに行く事は出来ませんが、かがるさんのレポを拝見しては自分もその場にいた気分にさせていただいています。
名古屋では「ハルジオン」や「時空かくれんぼ」を聴く事が出来たんですね。
どちらもまだライブで聴いた事が無い曲なので、札幌で聴く事が出来たらいいな~♪
藤原さんの風邪、幕張までに治ります様に…☆
    2008/02/15(金) 20:15:20 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
はじめまして
兎TOURの時から素敵なレポを書かれる方だなぁと思っていてひそかにずっと読ませて頂いてました。
BUMPの音楽を本当に愛してるのが伝わってきていつも読む度幸せな気持ちにさせてもらってます。
ありがとうございます。
    2008/02/16(土) 01:12:13 | URL | まい #hE4kmW4M[ 編集]
今晩は☆
か、かがるさん!い、いつのまに名古屋へ!ホームシックに3回参戦とはー!この世の出来事ですか(笑)

名古屋のライブ、いつにもまして素敵なライブだったのですね♪
お客さんもBUMPも嬉しいライブ。いいなぁ。
藤原先生から「質のいいたぶたぶ」出て、いいなぁ。
そして、やっぱりかがるさんの観察眼は凄いです(笑)
照明具合や升さんの俊敏な動きを見逃さないあたり(ふふ)

そしてそして!名古屋ライブのセットリスト!最高じゃないですかぁ(涙目)
BUMPの曲の中でも、特別大好きで異様に惹かれる曲揃い踏みです。明日は神妙な面持ちで(笑)この曲順で音楽聴きたいと思います♪ルンルン~(死語)

又、感想楽しみにしています☆
    2008/02/17(日) 00:55:17 | URL | みかん #-[ 編集]
栗太郎さんへ
栗太郎さん、こんばんは。
お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい!><

長々レポ、いつも読んでくださってどうもありがとうございます☆
そしてそうなのです!名古屋では「時空かくれんぼ」と「ハルジオン」が聴くことができました!
札幌で栗太郎さんがこの2曲を聴けますようにー!当日は気を送りますね!
今週末からいよいよシップですね。
藤くんの風邪はどうでしょうね?増川くんも体調悪いみたいですし…
元気な4人に会えたらいいなあ。
    2008/02/20(水) 21:57:05 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
まいさんへ
まいさん、初めまして、こんばんは。
コメント、どうもありがとうございました!とってもうれしいです。
なのにすっかりお返事が遅くなってしまってごめんなさい!><

以前からご訪問いただいていたのですね。どうもありがとうございます。
私が書いたレポでしあわせな気持ちになっていただけているだなんて、
こちらこそほんとうにありがとうございますです!
よろしかったらまた遊びにいらしてくださいね☆
    2008/02/20(水) 21:59:11 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]
みかんさんへ
みかんさん、こんばんは。
お返事遅くなってしまってごめんなさいー><

いつのまにやら名古屋へ行ってまいりました(笑)
名古屋、かなり熱々なライブでした!
藤わら先生の「質のいいたぶたぶ」発言はツボ過ぎました(笑笑)
そのときの藤わら先生は、妙にうきうきしてるように見えましたよ。フフフ。

名古屋のセットリストには、みかんさんの思い入れがたっぷりの曲達がいるのですね!
その曲たちを、みかんさんがマリンメッセで聴くことができますようにー!(祈)

今週は幕張に行ってまいります。またレポがんばりますね。
    2008/02/20(水) 22:03:17 | URL | かがる #VLzUnvlc[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://starberry.blog14.fc2.com/tb.php/219-4cd00a39
[ CALENDER ]
08 « 2017/09 » 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[ ENTRIES ]
2008年ももう終わり
つれづれバンプ
2008.8.1(FRI) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008 at 国営ひたち海浜公園
明日はひたちなか
き ら き ら 星
SEOULと沖縄
シックとシップが無事終了

[ ARCHIVES ]
2008年12月[2]
2008年08月[1]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[2]
2008年04月[4]
2008年03月[1]
2008年02月[7]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[5]
2007年10月[2]
2007年09月[3]
2007年08月[7]
2007年07月[1]
2007年06月[2]
2007年05月[1]
2007年04月[3]
2007年03月[2]
2007年02月[1]
2007年01月[1]
2006年12月[1]
2006年11月[3]
2006年10月[2]
2006年09月[3]
2006年08月[8]
2006年07月[2]
2006年06月[1]
2006年04月[5]
2006年03月[9]
2006年02月[4]
2006年01月[5]
2005年12月[23]
2005年11月[16]
2005年10月[23]
2005年09月[4]
2005年08月[11]
2005年07月[35]
2005年06月[7]

[ PROFILE ]

NAME : かがる
カテゴリの[PROFILE]に詳細を書いてます
メールはこちら

ツアーが決定してわくわくしています。
そしてわくわくしすぎて気持ちがとっちらかっています。

サイト内に掲載している文章、画像の無断転載等は、ご遠慮ください。


[ COMMENTS ]
かがる[01.05]
春陽[01.04]
かがる[01.03]
かがる[01.03]
tiko[01.01]
栗太郎[12.31]
かがる[12.31]
しげち[12.28]

[ TRACKBACKS ]
タイムマシンにお願い♪[08.12]
[07.27]
B6サイズの1日[07.26]
TSUTAYA[06.08]
【ナシゴレン】について[03.09]

[ LINKS ]
BUMP OF CHICKEN
PONTSUKA!!
SCHOOL OF LOCK!
TOY'S FACTORY
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE0702@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE07@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE06@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE0502@excite
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE05@excite
[M+]BUMP OF CHICKEN blog
Excite BUMP OF CHICKEN04
バンプ×ワンピース×エキサイト
おおいわ
FACT
discord
andante
チョコレートバターミルク
hugs*
hugs*BUMP OF CHICKEN
hugs*photolog
千年百年
星のひざかけ
いまは、いつかに、つながっている
ANOTHER DAY
aurora
電解事変。(SR三毛猫柳本線)
SPECIAL★SONG
Lilly
B.E.F.O.T
グッバイミュージック ハローミュージック
ファンダメンタル
Blue*Snow*Blue
もかの気の向くまま日記
honey apple

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。